〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-2 
片桐ビル1F 

03−5847−5883
090−3803−1989
e-mail
野々上聡人展
Akihito Nonoue Solo Exhibition

2011.7.11(月)〜16(土)
15:00〜20:00

クロージング・パーティ7月16日(土)17:00〜



作家は、まさに感情のペインティング機械(マシン)である。もともとロックバンドを結成して活動していたが、解散後、単身、旅に出た。オーストラリア、ドイツ、ベルギーと彼は彷徨う。その過程において素手で鷲づかみしたのがアートであった。ベルリンに滞在していた2010年、滞独半年にしてドイツ人ディレクターの目にとまり、ミッテ区にある有名なタヘレスで個展を開催、評判を得た。表現主義を思わす激情的なドローイング、日本人離れしたピカソやキルヒナー、スーティンすら髣髴とさせる粘っこい油絵具の定着、構成、どれひとつとっても「芸術」をそこから排除はできないだろう。もうひとつ重要なのは、ストリートの画家であることだ。放浪のなかで彼はストリートに留まった。グラフィティやトランスアバンギャルディアに見るサブカルチャー、とりわけパンクの要素を濃厚に感じさせる。まだ原石だが、膨大な作品を制作し続けるパワーをご覧いただければ幸いです。

1984年千葉県松戸生まれ。
2005 個展 Clitch bar & Cinema オーストラリア
2009 個展 203号 東中野・東京
2010 個展 タヘレス ベルリン・ドイツ
ベルリンの壁に描いた
「晴天の石の空に圧死しない」 
2009 
240x450cm
許可なく本ホームページの画像・文章その他を複製・引用し、あらゆる商業目的に使用することを固くお断りいたします。