菅間圭子プロフィール

 成蹊大学文学部文化学科卒業。比較文化を学ぶ。1980年代終わりに画家としてスタートし、1989年日仏現代美術展で、安田火災美術財団賞やフランスの美術雑誌「ロイユ」のロイユ賞などを受賞するが、1990年代初めにコンセプチュアルな写真による 'Ready-Made' Phenomenaシリーズによって現代美術の方向へ転換。このシリーズは、ニューヨークやパリ、ベルリン、ロンドン、ベネチア、モントリオール、ソウル、上海、東京などの街頭で抽象表現主義的な、あるいは現代美術的な画像をクローズアップにより切り取り、「あらかじめ脳内に存在するアート」を見出すもので、「アートは制作しなくてもそこに現象としてすでにある」といったテーマは菅間作品の根幹をなす問題となった。以後インスタレーションやパフォーマンスを主軸にした作業を展開。1997年以降、フランス、イタリア、カナダ、アメリカ、日本等のアート/パフォーマンスフェスティバルに多数参加。
 1997年にスタートした「ミラージュ・プロジェクト」では、一貫してある種の「放置」状況を提示。互いに関連性の見出せない物品や言葉・音・映像等による展示物は、観客の内なる観念を映し出す一種の鏡のように機能し、観客の意識を通してそれぞれの断片の連なりが新たな詩的連関を生み出すことをもくろんでいる。作品はインスタレーションのスタイルで展示されるが、菅間はこの作業を"material poetry"と自ら造語し命名している。
 最近の活動には「The Niagara Tale」(個展。Fusion Arts Museum/ニューヨーク 2006年)、日英プロジェクト「月 The Moon」(高台寺/京都 2008年)、フィリピン人アーティストDada Docotとのコラボレーション「Non/Appearance」(インターネットによってマニラと銀座のギャラリーを結んだ展覧会。銀座芸術研究所/東京 2009年)、「気配―atmosphere」(キュレーションおよび参加アーティストとしてサウンドインスタレーション展示。銀座芸術研究所/東京 2009年)、「GIRLY 2010」(川崎市市民ミュージアム 2010年)、平城遷都1300年祭公式招待展示 「時空 Between time and space」(平城宮跡/奈良 2010年)、 「Agua de Beber」(パフォーマンス作品。新・港村/「ヨコハマトリエンナーレ2011」特別提携プログラム。国際ビデオ・パフォーマンスフェスティバル「Inter Azioni XXIV」/イタリア・サルデーニャ島 2011年)、「Con・.Perceptual」(キュレ−ションおよびアーティストとして参加。アートラボ・アキバ/東京 2011年)、「'Ready-Made' Phenomena」(個展。アートラボ・トーキョー/東京 2012年)など。

■主な個展
2006 
「The Niagara Take」 Fusion Arts Museum/ニューヨーク
「The Broken Word Performance」 Articule/モントリオール
2007 
「煙と乙女」 ギャラリー銀座芸術研究所/東京
2012
「'Ready-Made' Phenomena」 アートラボ・トーキョー/東京

■主なグループ展 アート/パフォーマンスフェスティバル
1999
「Via Festival #5」ブルゴーニュ,パリ(フランス)
2003 
「COMUNIQUE」Tribes Gallery/ニューヨーク
2004  
「Visualeyez 2004」Latitude 53 Contemporary Visual Culture/カナダ・エドモントン
2006  
「Heavy Water- an exhibit honoring the life and art of Enrico Baj」FusionArts Museum/ ニューヨーク
2008 
日英プロジェクト 「月 The Moon」 高台寺/京都
2009 
「Non / Appearance」 (Dada Docot + Keiko Kamma) 銀座芸術研究所/東京
2010 
「ガーリー2010」川崎市市民ミュージアム/川崎市
平城遷都1300年祭公式招待展示「時空 Between time and space」平城宮跡/奈良
2011 
「Agua de Beber」(パフォーマンス作品)新・港村―「ヨコハマトリエンナーレ2011」特別提携プログラム
国際ビデオ・パフォーマンスフェスティバル「Inter Azioni XXIV」/イタリア・サルデーニャ島
「Con / Per・ceptual」(キュレ−ションおよびアーティストとして参加) アートラボ・アキバ/東京

■主なアートフェア
2012 
アートフェア東京 (有楽町・東京国際フォーラム)    
CITIZEN ART SHANGHAI (ガ―デンホテル上海・中国)


Keiko Kamma

Kamma studied comparative culture, graduated from the literature department of Seikei University, Tokyo. She started her career as a painter in the late 80's and was awarded the Yasuda Kasai Art Foundation Prize as well as the L'oeil prize from L'oeil French art magazine. She moved over to contemporary art in the early 90's by presenting a conceptual photograph series of 'Ready-Made' Phenomena, in which she captures on the streets of New York, Paris, Berlin, London, Venice, Montreal, Seoul, Shanghai and Tokyo ARTISTIC and ART-LIKE phenomena that recall to her abstract expression or contemporary art, using a CUT-UP photograph technique, to present "art that already existing within the mind". The subject matter of "art existing as a phenomenon without the need of creation" has formed the foundation of her art work since then. She has developed her artistic expression mainly through installation and performance and has participated in many art and performance festivals held in France, Italy, Canada, USA and Japan since 1997.
In the "Mirage project", initiated in 1997, a constant state of "abandonment" is exhibited. Here the exhibited objects, including goods, texts, sounds and images appear seemingly unrelated to each other, yet function as a form of mirror reflecting the audience's internal thought, creating a new poetic association between each fragment through the conciousness of the audience. This work is exhibited as an installation, yet Kamma refers to its form as 'material poetry'.

Her recent exhibitions include "The Niagara Tale"(solo. Fusion Arts Museum, New York, 2006), UK-Japan Project "Tsuki-The Moon" (Kodaiji-temple, Kyoto, 2008), "Non/Appearance" (Dada Docot / Philippines + Keiko Kamma. The exhibition presented the collaborative video by the two artists between Manila and Tokyo through the internet. Ginza Art Lab. Tokyo, 2009), "Kehai―atmosphere" (Curator and participant. Ginza Art Lab. Tokyo, 2009), "GIRLY 2010" (Kawasaki City Museum, Kawasaki, 2010), "Between time and space" (Commemorative Exhibition of the 1300th Anniversary of Nara Heijo-kyo Capital, Heijo Palace Site, Nara, 2010), "Agua de Beber" (performance, solo. Shinko Pier Exhibition Hall, Yokohama Triennale Special Tie-Up Program / Inter Azioni XXIV - Festival internazionale di Performance Arts, Videoarte e Installazioni, Sardegna, Italy, 2011) and "'Ready-Made' Phenomena"(solo. Art Lab TOKYO, Tokyo, 2012).


Selected Solo Exhibitions

2012
"'Ready-Made' Phenomena", Art Lab TOKYO, Tokyo,

2007  
"Smoke and the Maiden", Ginza Art Lab, Tokyo

2006
"The Niagara Take", Fusion Arts Museum, New York
"The Broken Word Performance", Articule, Montreal, Canada


Selected Group Exhibitions, Art/Performance Festivals

2011 
"Agua de Beber" (performance, solo),
Shinko Pier Exhibition Hall, Yokohama Triennale Special Tie-Up Program
"Inter Azioni XXIV( Festival internazionale di Performance Arts, Videoarte e Installazioni) - Misteri al Femminile"Spazio ARKA, Sardegna, Italy

2010  
"GIRLY 2010", Kawasaki City Museum, Kawasaki

2009 
Dada Docot + Keiko Kamma "Non / Appearance", Ginza Art Lab, Tokyo

2008
UK-Japan Project " Tsuki - The Moon", Kodai-ji temple, Kyoto

2006  
"Heavy Water - an exhibit honoring the life and art of Enrico Baj", Fusion Arts Museum, New York

2004  
"Visualeyez 2004", Latitude 53 Contemporary Visual Culture, Edomonton, Canada

2003 
"COMUNIQUE" Tribes Gallery, New York

1999
"Via Festival #5", C.R.A.N.E., Bourgogue / Confluence, Paris, France


Awards

1989
Yasuda Kasai Art Foundation Prize and the L'oeil prize, double-awarded for La 15e Exposition "France-Japon"