〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-2 
片桐ビル1F 

03−5847−5883
090−3803−1989
e-mail
インスタレーション・映像
2014年 9月 1日(月) - 9月13日 (土)
14:00-20:00
レセプション: 9月 1日18:00-20:00
会場: Art Lab Akiba


ダンカン・マウントフォード
地場 賢太郎

暗闇の中に見えるもの
 17世紀の科学革命は文字通り我々の世界観を変えてしまった。望遠鏡、顕微鏡の幕開けと共に我々の目は新たに大宇宙と、小宇宙に向かって開かれ、我々の世界それ自体と,宇宙での位置関係を観測する時代へと突入することになった。一方、この時代で醸造された明晰な客観的意識は我々を取り巻く現象から我々を引き離し、我々の立ち位置を宇宙の辺境にある孤島へと追い遣ることになった。そしてこの時代は様々な分野の専門的な知識を持ち、多くの分野で業績を残した著作家でもあり、医学者でもあるトーマス・ブラウンの生まれた時代でもある。彼の科学的な推論と神秘的な思索を組み合わせは創造への新しい視野を提供するレンズを据えてくれた。彼のもたらした極めてラジカルな新しい世界観はあらゆる場所と、あらゆる時間が一つの視点で共存している「永遠の現在」によって検証することが出来る。そしてこのビジョンはW.G. ゼーバルドが「土星の環」において言及していることであり、彼はブラウンの神のごとき目に賛辞を捧げたのである。ゼーバルド自身の独創的な著作自体も時間、地理、出来事、そして記憶の一種の万華鏡であるが、読み進めるにつれ、我々の立ち位置はぐらぐらと揺れてくる。一見ゆったりとしたイギリス西部地方の田園地帯での散策は清の西太后、第二次世界大戦、レンブラントの絵画「テュルプ博士の解剖学講義」、インドネシアの植民地砂糖貿易と奴隷制、にコンラッドの小説「闇の奥」やさらに繭の飼育にまつわる話も加わり予想出来ない展開へと導いていく。個人的、歴史的、様々な事象が新たに紡ぎ出す輝くような物語の織物,それは新たな様相を呈して行くのだが、物語の内部の反射と屈折を経ると我々読者は様々な大陸、何世紀という時間の縦糸の中を、間断なく左右に振られる横糸のシャトルになるのだ。さらにこの著作は我々の視覚は明るさに依存している筈であるが、我々を闇の中へと引き連れて行くのである。まさに土星の環そのものの様に我々の心を周回する氷の破片をたぐり寄せる霞がかった記憶の深みへ踏み込んで行くのである。
 そしてこれこそが今回の地場賢太郎とダンカン・マウントフォードによる二人展の展望の視座であろう。彼等は共に記憶の断片が浮揚する領域で新しい重力場を形成しているのだ。地場は生涯をかけた「ライフスクロール」で知られているが、この作品は日々加算されていく細部への執着とイマジネーションによる幻想に満ちた終わることのない巻物である。画面には彼の過去、現在そして未だ書かれていない未来が出逢うのである。地場のこの方向性は一見異なる最近作のアニメーションにも引き継がれている。この作品では宇宙の中で、時間や空間を異にする隔絶した世界が天体望遠鏡を通した一つの視点から統合されるのである。彼の「永遠の現在」の具現化の試みでは世界の全ての局面が同時に存在し、光学機器を通した神の透視法採用することで権力と命令、フーコ的な視点と、 メランコリックな神性の寂しき孤立について物語っているのだ。そして今回同時に展示されるブラックキャンバスではアニメーションのように宇宙を遥か行くことはないが、方向を逆転させ我々の内なる世界へと視線を向ける。眼球に入ってくる光の刺激は網膜と心に刻み込まれ残像となって、明確な形はやがて失われるが、その持続は過去の一時的なものではあるが、身体的つまり物理的な継続である。
  マウントフォードの何十年にも及ぶ調査、とりわけ「驚異の部屋」を巡る作品においてもこの「併存する状態」を追求したものである。ゼーバルドもブラウン博士自身による特異な「封印された博物館」の記述を通しこの「驚異の部屋」についても言及しているが、「驚異の部屋」は16世紀半ばから18世紀にかけて流行した世界中から集められた珍奇なもののコレクションで、まず人をびっくりさせることを目的としたが、後の近代の博物館の先駆けになった。「驚異の部屋」は植民地化の過程の中で収集された記念物のカオス的な収集であると見なされることが多いが、一方、博物館の方は客観的な方法で対象を取り扱い、正確に分類、整理された知識体系になるよう意図されたものである。しかし「驚異の部屋」も博物館も集める側の権威を文明の象徴として印象付けようとした目論見があったのである。
「土星の環」をトータルな視点から読めば、我々の文明の失敗もしくは、文明の成功によって念入りに仕組まれた破壊が主題であろう。記憶の暗部に踏み込む時、歴史や人間の精神の遥か深部へも入り込んでしまうのである。物語は植民地化,産業革命,近代化,グローバリゼーションという歴史の流れを通して、累々とした死や破壊の跡をたどって行く。「全ての新しい事物において絶滅の影はすでに現れているのだ。人間一人一人、社会秩序、そして世界全体は絶えず拡大したり、益々壮大になっていく円弧ではない。一旦頂点に到達すれば暗闇へと転落してしまうのだ。」そしてマウントフォードのインスタレーションでは文明と権力の頂点に君臨した者の残したもの全てが廃墟の中に取り残されるのである。科学と進歩の象徴物が博物館の裏の貯蔵庫で埃を被りながら見棄てられる様に、また次の時代、別の価値の象徴や建築の象徴が道端に捨て置かれ、朽ちていく動物の死骸の様に退行していく。
 こうした時間、記憶、歴史、軋轢の流れは一見穏やかなイギリスサフォーク州のブライス川と野生的に蛇行するアフリカのコンゴ川が合流するかのように統合されて行く。この二つの川は人間の本質の核の中で、それぞれ飼い慣らされた日常と、不穏で不条理なリアリティを象徴しているのだろう。イメージは 沢山の荷を抱えながら流れている意識の層によって運ばれて来る。その意識の川は光りと闇の風景の中を蛇行しながら流れているのだ。そのうねりの中で二つの際だつ世界が合流している中で、我々は自分捜しの旅を敢行しているのだ。
 そしてここで漸く私たちは生と死、創造と破壊の循環を見つけることができるかも知れない。それはT・S・エリオットの野生の本性を持った逃れることの出来ないどう猛な川を反映しているようである。

T・S・エリオット Dry Salvages 『四つの四重奏』から
わたしは神々のことをよくは知らない。だが、わたしの考えでは
河は強い褐色の神――気難しく、獰猛で、手に負えないが、
ある程度までは忍耐もあり、初めは国境だと思われていた。
人の役には立つが油断のならない商いの仲介人となり、
やがては橋梁建設技術者の手強い相手。
いったん問題が解決されると、この褐色の神は、都市の人々には
おおかた忘れられる――が、どうしてどうして執念深い、
怒りをため時節を待つこの破壊者は、人間が忘れたがるものを
否応なしに思い出させる。機械の崇拝者たちには
崇められも宥められもしないで、河はただ、じっと、見ている。

岩崎宗治氏訳より
キュレター 太田エマ


アーティスト: ダンカン マウントフォード & 地場 賢太郎
キュレター: 太田 エマ
コーディネーター: 大和田 登
アートラボアキバ Art Lab Akiba www.art-lab.jp urotankebachi@yahoo.co.jp
〒111-0053 台東区浅草橋4-5-2 片桐ビル1F tel: 090-8031-4711




Installation and images
September 1 - 13 2014
Hours : 14:00-20:00
Reception : September 1, 18:00-20:00
Location : Art Lab Akiba


Duncan Mountford
Kentaro Chiba

What We See in the Dark
 The Scientific Revolution of the 17th century literally transformed our vision of the world. Our eye became opened to new macrocosms and microcosms with the dawn of the telescope and microscope, advancing a new age of observation of our world and its place in the universe, distilling a distinct sense of "objectivity" which set us upon an isolated island from the space and phenomenon around us. It was in such an age that Thomas Browne was born, the great multi-disciplinary writer and doctor who crossed numerous fields in his work. He placed a new lens to creation, combining scientific speculation with mystic musings, offering up a radical new world view, exemplified by the "Eternal Present" in which everywhere and everytime simultaneously coexist in one point. And it is this vision which W.G. Sebald pursues in "Rings of Saturn", paying homage to Browne's form of divine eye. Sebald's seminal work is itself a kaleidoscope of times, geographies, events and memories which disturb our own positioning. A seemingly gentle stroll through the countryside paths of the English East Counties brings unexpected encounters with the Chinese Dowager Empress Tz'u-his, the WWII, Rembrandt's ''Anatomy Lesson'', colonial sugar trade and slavery in Indonesia, coupled with Conrad's Heart of Darkness and the breeding of silkworms. We are constantly shuttled between continents and centuries in a myriad of internal reflections and refractions opening up new spectrums of light, the personal, the historical and the narrative weaving new fabrics of luminescence. And yet while our sight is reliant upon illumination this book carries us further into darkness, venturing into the cloudy depths of memory to pull upon frozen fragments which orbit our mind, as the very rings of Saturn.
And this sets the point of conjecture for the two artists of this exhibition Kentaro Chiba and Duncan Mountford, both forming new gravitational fields between splinters of recollection. Chiba is renowned for his lifetime undertaking of the "Life Scroll" a never ending work added to each day by the artist in ever detailed and more fantastical scenes of imagination. It is upon this sheet that his past, present and unwritten future coincide. And it is this alignment of seemingly disparate elements which he catches upon in his most recent animation. Here distant worlds of differing time and place in the cosmos are brought together through the vision of one looking through a telescope. He attempts to embody a form of "Eternal Present" in his work in which all facets exist at the same time, and takes on the perspective of god through the optical apparatus, speaking of an authoritative, commanding, Foucauldian gaze and a lonely isolation of a melancholic divinity. And while this animation looks without, far beyond into the universe, the "Black Canvas" appears to reverse this line of sight, peering rather towards our inner space, capturing an after image, left by the shock of light to the eye, an imprint upon the retina and the mind, which while losing clarity maintains its persistence in a physical (if temporary) impression of the past. It is this immanence, which has been the investigation of Mountford over the decades particularly drawing on the " Wunderkammern", referred to by Sebald in the detailing of Browne's very own "Musaeum Clausum", a marvelous collection of curiosities from around the globe in the style popular between the mid 16th and 18th century which would prove to be the predecessors of the museum. And while the Wunderkammer is often seen as a rather chaotic array of memorabilia gleaned through colonialization, the museum is supposedly precisely ordered system of knowledge upon a focused subject dealt with in an objective manner. And yet both attempt to impress their authority upon the world as symbols of civilization.
Read in its totality "The Rings of Saturn" is a crushing cross-examination of the failures of our civilization, or rather the very destruction wrought by its success. As it enters further into the darkness of memory so too does it step into the darkness of history and the human mind. The narrative follows a trail of death and devastation littered throughout history in the form of colonialization, the industrial revolution, modernity and globalization. "On every new thing there lies already the shadow of annihilation. For the history of every individual, of every social order, indeed of the whole world, does not describe an ever-widening, more and more wonderful arc, but rather follows a course which, once the meridian is reached, leads without fail down into the dark. " And here in Mountford's installation the feats of civilization and grand Empire are also left in ruins. Just as icons of scientific and cultural advancement are forsaken to gather dust in the back store rooms of the museum, so do the architectural symbols of another age, another value, come to degenerate into rotting carcasses shunned to the wayside.
These flows of time, memory, history and conflict come to merge in the meeting point of the seemingly tame drifts of River Blyth and the wild snakings of the River Congo, the domesticated everyday and the disturbing irrational reality at the core of human nature. Images are carried by the current, a river of layered consciousness burdened with its load, winding through landscapes of light and darkness, connecting two distinct worlds in its surge, where we undertake a journey in order to meet with ourselves.
And here we might finally find the cycle of life and death, creation and destruction, as reflected in the inescapable primal tributaries of T.S. Elliott.

  1. S. Elliott - Dry Salvages I do not know much about gods; but I think that the river
    Is a strong brown god - sullen, untamed and intractable,
    Patient to some degree, at first recognised as a frontier;
    Useful, untrustworthy, as a conveyer of commerce;
    Then only a problem confronting the builder of bridges.
    The problem once solved, the brown god is almost forgotten
    By the dwellers in cities - ever, however, implacable,
    Keeping his seasons and rages, destroyer, reminder
    Of what men choose to forget. Unhonoured, unpropitiated
    By worshippers of the machine, but waiting, watching and waiting.

Curator : Emma Ota


Artists: Duncan Mountford and Kentaro Chiba
Curator : Emma Ota
Coordinator: Noboru Ohwada
Art Lab Akiba
urotankebachi@yahoo.co.jp注: 文字用の領域がありません!
許可なく本ホームページの画像・文章その他を複製・引用し、あらゆる商業目的に使用することを固くお断りいたします。