〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-2 
片桐ビル1F 

03−5847−5883
090−3803−1989
e-mail
展覧会名:渚の風景学U 
アーティスト:内村航
キュレーター:Arthur Takehara

9月16日(水)〜終了日9月26日(土)
15:00〜20:00 
レセプション:9月19日(土)18:00〜
会期中無休




展覧会概要
作品について 内村航


 前回の個展(渚の風景学 I)の「紙と木炭」から一足飛びに、素材は今回「布・石膏・岩絵の具」へと変わった。
 はじまりは、紙の均一なテクスチャーに飽き足らなくなり、次は支持体を自分でつくりたいという思いから、「そもそも絵画に使われるキャンバスは産業革命以前では手紡ぎ手織りだったのではないか」と気づいたことだ。そこで自分で織った布をキャンバスにして絵を描こうという計画が始まった。
 まず糸を調達し織り機で織って布にする。そしてできあがった綿布のテクスチャーを残しつつ、絵の具になじむ下地を模索し、石膏の地塗りに行き着いた。さらに地場先生の「アクリル絵の具より岩絵の具でしょう」という一声で岩絵の具と格闘する日々となった。
 とにかく時間がかかり、「できるだけゼロから自分の手で作る」と、頭ではわかっていても実行することの大変さを思い知らされた。そしてその素材たちと向き合いつつ、自分の内面と対話しながら、ひとつの絵画として生み出すことは、なんとも壮大なスケールの話だと、まるで他人事のように思ってしまう。
 渚の風景学という言葉に込めた、自分の中に眠っている心のありようと、外の世界との調和。さらに布づくりのプロセスに内在する反復ー瞑想の思考。そういったものを、四角や三角だけの単純な絵画に反映させたいと思っている。

英訳

Artist’s statement
Kou Uchimura

I employ material, cotton, plaster and mineral pigments in the works in this exhibition. These are drastically different from the materials - paper and charcoal - used in the previous exhibition ‘Scapeology on the seashore T’.
The reasons for this change stem from the fact that I was dissatisfied with the monotonous texture of the paper surface and I wished to create substrates. Before the industrial revolution any canvas for paintings was made of handmade spun thread and weaving. I therefore decided to weave the canvas on which to paint.
The process began with finding suitable cotton thread, and then weaving it with a loom. I then made a ground layer with plaster on the woven cotton. The choice of plaster was the result of a process of experimentation to discover the ideal material for the ground, one which would produce good conditions for the pigments and also retain the surface cotton texture.
Following a suggestion from Mr. Chiba I decided to use Natural pigment rather than acrylic’ even though this produced more difficulties.
It wasn't difficult to decide to Create from zero on my own as far as possible but the actual practice is different. Through an engagement with materials and a reflexive approach I felt it became a splendid process, the creation of a painting from the very beginning.

The aspect of my internal world encapsulated in ‘scapeology on the seashore’ together with a harmony with the external world, process as repetition-meditation, exists in the process of creating cloth. These are the concepts I would like to reflect in my present works.







           
夏のある一日
2015
 
http://www.kentchiba.com/chibaHP/images/c uration/35KhoUchimura%20/TheTopofUchimura 2inJapanese.htm
許可なく本ホームページの画像・文章その他を複製・引用し、あらゆる商業目的に使用することを固くお断りいたします。