〒111-0053 東京都台東区浅草橋4-5-2 
片桐ビル1F 

03−5839−2985
090−3803−1989
e-mail
https://www.facebook.com/Art-Lab-AKIBA
Kevin Jones solo exhibition
Sleight Of Hand 奇術
2016年8月15日(月)〜27日(土)
15:00〜20:00 最終日〜18:00
reception:8月20日(土) 午後5時より
22日(日)休廊

ケヴィン・ジョーンズはニューオリンズ・アートシーンの重要な存在である。
とくに若い作家たちへの影響力は大きい。
本人はもともと絵画中心の展開であったが、80年代にポール・マッカーシーとの出会いからインスタレーションに転じる。
今回は化学、物理学、資本主義。天文学などの要素を使用しながら見事に個々のオブジェをインスタレーションとしてまとめている。

「奇術」

「魔法は科学者から受け容れられない唯一の科学だ。何故なら科学者は魔法を理解することが出来ないからだ。」
-ハリー・フーディーニ- (20世紀初頭「脱出王」の異名を取ったアメリカ合衆国の有名な奇術師)

かねてより予見されていた通り、先頃原子周期表第7列は日本、米国、ロシアの科学者によって合成された元素によって完成された。これらの4つの極めて不安定な化学物質は実験室でほんの一瞬しか存在することが出来ないが、これらの新元素が不安定である様に、我々を取り巻く世界を理解しようとする試みも、しばしばつかの間のもので、見当違いな錯覚と同じ様なものであろう。

今回の「奇術の展覧会」を通して、私はこの不安定さ、もしくはこの妄想を、デモクラシー、確率、言語などの概念などとともに、魔法と科学を融合させたシステムによって検証したい。

ここでは例えば作品「キャロット・スロー(人参のコール・スロー)の作り方」は人参が我々を誘惑し ある行為へ導こうとしているが、それは 我々が英語という言語を完全に把握しようとする欲望を示唆している。一方、「アメリカのデモクラシーの諸問題」と名付けられた作品は、デモクラシーの救済を主題にした本をノリで完全に封印してしまっている。そして一種の賭博であるパチンコやスキーボール(ボールを3mほど先の的へ投げて得点を競い合うアーケード・ゲーム)をテーマにした作品もある。

総じて、この展覧会でのこれらの作品は、不条理と、我々を取り巻く世界を理解しようとする人間の試みに対する私の興味に対し不断の検証を行っているのである。

ケビン・ジョーンズ


Sleight Of Hand

"Magic is the sole science not accepted by scientists, because they can't understand it." -Harry Houdini
Just as predicted, the 7th row of the periodic table was recently completed by the synthesis of four new elements by scientists from Japan, United States, and Russia. These four highly unstable chemicals last for fractions of a second in the lab. Just as these new elements are unstable, our attempt to understand the world around us is also often fleeting and is just as much a misguided illusion. With my exhibition, Sleight Of Hand I am examining this instability or hallucination by merging systems of magic and science with concepts of Democracy, chance, and language. Works such as "Carrot Slaw Recipe" tempt us with a carrot as we try to grasp the English language. While the work titled, Problems of American Democracy hermetically seals a book on the topic of Democracy in an attempt to save it. Other works reference pachinko and skee ball, both games of chance.
Ultimately the works in this exhibition continue to investigate my interest in the absurd and our attempts to understand the world around us.

Kevin Jones


「ケヴィン・ジョーンズ、お金と自由の衝突を超えて」

現在、世界は20世紀的なリベラリズムがいたるところでその様態を変化させつつある。

いまの時代がいかなるものなのか、それが俯瞰できるのは数100年先のことになるだろう。

アメリカ人アーティスト、ケヴィン・ジョーンズの個展の根幹にあるものも、大きく変化する世界の深層に関わっている。もっかのところ資本主義と民主主義はカール・ポランニーがすでに1930年代に予見したとおり地球規模での対立を起こしているが、その背後には組織的な謀議が存在するのではないのか、といったいわゆる陰謀論がケヴィン・ジョーンズの芸術の主題には含まれていると思う。

今回、彼は周期律表をひいて新たなる元素や民主主義、バベルの塔崩壊以降混乱している言語体系、科学と魔法の相関関係に言及した平面作品やオブジェによって、世界の組成構造そのもの、現代哲学、現代科学、超常現象を包括する不可知論を通してわたしたちを取り巻く世界のどうにもならない限界と認識にアートを通じて言及している。

森下泰輔(現代美術家 / 美術評論家)


Kevin Jones, Beyond Conflict between Money and Freedom

We now face a new age as Liberalism, developed in the 20th century, evolves its dynamic expression. It would be hundreds of year later before human beings eventually gain a perspective on how present day free enterprise is could be.
Here we are pleased to present Sleight of Hand a solo show by Kevin Jones, an American artist, held at Art Lab Akiba. His fundamental motivations are based on his great interest in the undercurrent of the world, which is about to change its direction.
At present, Capitalism and Democracy are actually conflicting each other all over the world as Karl Polanyi predicted in 1930. In my view, as one of the main themes in his art, Kevin Jones's interest is and reference to the theory of conspiracies behind the phenomenon alludes to a secret organization or society that is manipulating and controlling the world.
In his works, illustrating the Periodic Table and examining new synthetic elements, American Democracy, the Confusion of Language Systems after the Collapse of the Tower of Babel, Mutual Relation between Science and Magic, the Structure of the World itself, Modern Philosophy, Science, Agnosticism covering Paranormal Phenomena, he refers to deadlocks we are facing and the limitation of understanding the world around us.

Taisuke Morishita : Artist / Art Critic



ケビン・ジョーンズの作品には以前から科学的事象や理論からの借用が見られる。

彼は現代社会の諸要素―たとえば現代アメリカの民主主義といった事柄など―を、単に社会学的・政治学的な観点から見るだけでなく、科学を含めたさまざまな方法を融合した新しい視点でアート的に解釈しようと試みる。

今回の新作では、心霊術のトリックを見破った奇術師・フーディーニを一つのモチーフとして登場させているようだが、有名な「脱出王」フーディーニよろしく、既存の概念から"脱出"―逸脱した、ケビンならではの新しい物差しをその作品の上で提示している。

菅間圭子 (アーティスト/アートディレクター)


We will see that Kevin Jones has been introducing scientific theories and phenomena in his art since long before. He isn't only focusing on various factors of modern society, such as American Democracy from the single view point but he is also trying to bring a new interpretation into Art from new compound view consisting of different methods including Science and Magic. In some of his new works for this exhibition, he is employing 'Harry Houdini', a historical illusionist, who is famous for spotting the trick in spiritualism as one of motifs. Through his works here, Jones is suggesting a new criteria to be released from stereotypes referring to Harry Houdini known as "The Handcuff King".

Keiko Kamma : Artist and Art Director of Art Lab AKIBA
許可なく本ホームページの画像・文章その他を複製・引用し、あらゆる商業目的に使用することを固くお断りいたします。